頑張らないでお父さんになろう

人工授精と体外受精の違い

人工授精と体外受精の違いがわかる人は相当研究している人だと思います

 

自分も含めて普通は区別がつかないか、同じものだと思っていると思います

 

人工授精

 

タイミング法など自然の営みの中で妊娠できれば最善なのですが、中々うまくいかない場合

 

次の段階として人工授精を行う事が多いです

 

男性が提供した精子を、医療機関が洗浄し、精子の濃度調整を行った上で

 

先が柔らかいチューブの注射器を使用して、子宮の中まで精子を入れる方法です

 

仕組みとしては普通の性行為の受精に近いです

 

費用も2〜3万円位でしょうか

 

日本不妊学会で発表された男性不妊サプリ「OG・ハーブ」

 

体外受精

 

人工授精を複数回行った上で妊娠に至らない場合、体外受精などの段階に入ります

 

体外受精とは

 

男性が提供した精子を、医療機関が洗浄し、精子の濃度調整を行う所までは人工授精と同じですが、

 

ここで採卵してきた卵子と精子をシャーレの中で受精させるものです

 

そもそも精子は男性の体外に出て活躍するものですが、卵子は通常女性の体内にとどまっているものです

 

それを取り出すというプロセスが入る為、高度医療という扱いになります

 

体外受精はもちろんより妊娠の確率を上げる為のものですが、

 

  1. 女性の体の負担が大きい
  2.  

  3. そしてなにより費用が高い(40万円〜60万円位)

 

私も一度行いましたが、妻がかなり辛そうだったのを憶えています

 

そしてそこで妊娠できなかったと知った時のショックは非常に大きいものでした

 

体外受精を考えているカップルのみなさんも大勢いらっしゃると思います

 

体外受精の成功率は30〜50%だそうです

 

体外受精での出産比率も年々高まっていると聞きます

 

最終手段に近い一つの選択肢としては良いのではないでしょうか

 

何よりお医者様と夫婦での話し合いを十分行いましょう

 

 

【PR】赤ちゃんが欲しい貴方にピタリとハマる!